2016年01月20日

大般若祈祷会(だいはんにゃきとうえ)法要

あけましておめでとうございます。
平成28年が明けて、はや3週間になろうとしておりますが、
みなさまお変わりはないでしょうか。
先日から、全国的に急激な寒波に見舞われておりますが、
ここ長崎は、今日もかなり冷え込んでおります。
20160120大般若1.jpg

本日、1月20日、毎年恒例の「大般若祈祷会法要」を厳修いたしました。
20160120大般若2.jpg

以下、曹洞禅ネットより転載です
-------------------------
曹洞宗では正月三が日に「転読大般若(てんどくだいはんにゃ)」と呼ばれるご祈祷を行います。「転読大般若」とは、『摩訶般若波羅蜜多経(通称:大般若経)』の経文を読むことにより、その功徳をもって、世界の平和や各参列者の平安などをご祈祷申し上げる法会のことです。

 『大般若経』は、『西遊記』にも出てくることで有名な三蔵法師玄奘(602〜664)が、最晩年になってから4年余りの年月をかけて配下の訳経僧たちとともに翻訳した、あらゆる仏典の中で最大規模を誇る経典です。字数は約500万字、全部で600巻となります。

内容は、大乗仏教の空思想にもとづく般若思想を記録したものであり、同経中では、全部で十六の場所において釈尊が法を説かれています。また、玄奘三蔵はこの訳出を終えてすぐに亡くなってしまいましたが、自分の生存中に経典の翻訳が終わったことについて、諸仏や龍天の助けがあったと述べたことから、この経典が国家や民衆を守ってくれると信じられ、「大般若会(だいはんにゃえ)」の成立となりました。なお、「般若」というのは、大乗仏教の菩薩が重んじる「六波羅蜜」という徳目の一つの「般若波羅蜜」のことです。これは、「智慧の完成」を意味します。 日本に於ける「大般若会」の歴史を遡ってみると、703年に藤原京にあった四大寺に天皇が命じて行わせたようで、その後は寺院のみならず朝廷の宮中にも僧侶が出張して行われました。737年になると、奈良市にある大安寺で毎年行われるようになり、中世に至って全国に広まっています。

 「大般若会」は、その式の中で『大般若経』600巻を全て読みますが、怖ろしく膨大であるため、当然、全て正しく読む(これを「真読(しんどく)」といいます)のは至難の業です。先に挙げた大安寺では150人の僧侶がこの法会に参加していたようですが、現在の曹洞宗寺院では、少人数で行われる場合も多く、その時には、略して読む方法(これを「転読(てんどく)」といいます)が採られています。

 「転読」の方法は、時代によって変遷があり、当初経典が「巻物」であった時代には、題名と、中間と、末尾のみをめくって読んだそうです。その後、現在のような「折本」が出来てくると、左右や前後に振るようにして転読としました(一説には、経文に節を付けて読むことを「転読」とする見解もあります)。この転読の際に出る風に当たると、一年間は無病息災になるといわれています。

(以下略)
-------------------------------------

晧臺寺で使っている大般若経は、大正時代のもの。
大正十年一月元旦、海雲山晧臺寺、
二七代目の住職・金峰玉仙和尚さまのものです。
20160120大般若4.jpg

今年も大勢の方がお参りくださいました。
20160120大般若6.jpg

20160120大般若7.jpg

20160120大般若8.jpg

大田方丈が導師をおつとめします。
20160120大般若10.jpg

パタパタと教本を転読し、お参りされた方の肩や頭をたたきます。
「今年一年、無病息災でありますように。」
20160120大般若15.jpg

20160120大般若18.jpg

20160120大般若19.jpg

20160120大般若17.jpg

幼稚園の子供たちも参加。こわくなかったかな??
20160120大般若22.jpg

今年は、昨年、峨山禅師650回大遠忌にちなみ、
長年お寺に貢献されてきた方々の表彰も行いました。
20160120大般若25.jpg

大田方丈よりごあいさつ。
20160120大般若27.jpg

最後に、ご祈祷札をお渡しします。
それぞれのご家庭が、大般若経の功徳力で、平穏で幸多い一年となりますように。
20160120大般若28.jpg

ご参詣できなかった方へは、後日郵送させていただきます。
古いお札は、お寺でおたきあげ致しますので、近くへお越しの際に受付へお渡しください。
20160120大般若30.jpg
posted by 晧臺寺 at 14:39 | 日記