2013年04月11日

入園式

4月10日、晧臺寺幼稚園の入園式が行われました。
幼稚園のブログでも紹介されると思いますので、そちらもご覧ください。
今年は9人の子供たちが入園されました。
20130410幼稚園入園式1.jpg

晧臺寺幼稚園の園長は104歳の小笹先生です。
現役の園長先生では最高齢ではないでしょうか。とても元気でいらっしゃいます。
入園式でも子供たちや保護者の方々へご挨拶をなさいました。

当山住職・大田大穰との一枚。
20130410幼稚園入園式2.jpg

入園式の中で、おにいさん、おねえんさんになる年中・年長組の子供たちから、
新入園児に歌のプレゼントがあるのでしょうか。
庫裡に隣接している入園式会場に入るのに、当山の玄関からこっそりと入ってきました。
その際に、どの子もしっかりと靴を並べ、
中には、お友達の靴までそろえてくれる子まで!
すばらしい!
20130410幼稚園入園式3.jpg

その上、玄関の韋駄天様にちゃんと手を合わせる子までいて、
感心させられました。
20130410幼稚園入園式4.jpg


大人になると、手間のかかることや、わずらわしいことを
「さっさと」済ませるほうがスマートだとでも言うような場面が、多くなります。
しかし、本当にそうでしょうか?

晧臺寺幼稚園の子供たちを見ていると、そうではない、大切なことを思い出します。

当山の玄関にかけてある木板(もっぱん)に「無常迅速」と書かれています。
20130410幼稚園入園式5.jpg

これは「時間が過ぎるのは早いぞ、何事も急げ急げ!」という意味ではなく、
「限られた時間の中で適当なことをして過ごして良いのか?毎日をおろそかにするな。」
という意味です。
今日の子供たちの行い一つをみても、まさにその通りです。
彼らの素直な気持ちを、見習いたくなる一日でした。

posted by 晧臺寺 at 11:38 | 日記